2018年9月26日(水)

ランドローバー、オフロード向け自動運転車を開発中

自動運転
BP速報
2018/6/7 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

開発するオフロード車のイメージ

開発するオフロード車のイメージ

 英ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)は、あらゆる気象条件下のオフロードで自動走行が可能な自動運転車を開発していると2018年5月31日に発表した。英国政府が出資する高度な自動運転車の開発プロジェクト「CORTEX」に参画し、ランドローバーのSUVを使って、様々な地形でぬかるみ、雨、雪、氷上、霧などあらゆる気象の悪路でも十分に対応できる自動運転車の開発を目指している。

 音、カメラ、レーダー、LiDARなどのデータをリアルタイムに収集して組み合わせる「5D」技術を開発する。これらのデータによりクルマの環境認識力が向上し、機械学習により自動運転の精度を高め、あらゆる気象条件や地形に対応できるようになる。この5D技術を使うことでレベル4~5のオフロード対応自動運転が可能になるという。

 370万ポンド(約5億3650万円)規模のCORTEXプロジェクトには、自動運転プラットフォームのレーダーやセンサー技術を開発しているバーミンガム大学や機械学習を手掛けるMyrtle AIも参画し、アルゴリズム開発、センサーの最適化、オフロード用トラックでの走行試験により技術開発を進めている。

(ライター 櫛谷さえ子)

[日経 xTECH 2018年6月6日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報