年金入力ミス、委託業者が解散 賠償は不透明に

2018/6/7 12:35
保存
共有
印刷
その他

年金機構はおわび状の送付などにかかった経費として約2億円を同社に賠償請求。委託費の未払い分と相殺しても約1億6000万円が残ったままだ

年金機構はおわび状の送付などにかかった経費として約2億円を同社に賠償請求。委託費の未払い分と相殺しても約1億6000万円が残ったままだ

データ入力ミスで年金の過少支給が生じた問題で、日本年金機構が業務を委託した情報処理会社、SAY企画(東京・豊島)が解散し、債務整理の手続きに入ったことが7日、分かった。機構が求めた損害賠償が回収できるか不透明になった。

6日付の官報によると、同社は5日の株主総会で解散を決定。債権者には2カ月以内に申し出るよう求めている。

機構は昨夏、同社に所得税の控除に必要な申告書のデータ入力を委託。ただ契約に反した入力手法や作業員不足などにより、今年2月の年金で約10万4千人が過少支給となった。

機構はおわび状の送付や相談電話の受け付けなどにかかった経費として約2億円を同社に賠償請求。委託費の未払い分と相殺しても約1億6千万円が残ったままで、同社の解散により回収が難しくなる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]