/

日高六郎さん死去 社会学者、評論家

共同

戦後の平和運動をリードした社会学者で評論家の日高六郎(ひだか・ろくろう)さんが6月7日午前5時31分、老衰のため京都市内の高齢者施設で死去した。101歳だった。告別式は行わない。

東京大卒。1960~69年に東大教授を務めた。その後、在野の立場から平和や人権などの問題で論陣を張った。ベトナム反戦や水俣病問題の市民運動にも積極的に取り組んだ。

著書に「戦後思想を考える」「現代イデオロギー」など。エーリッヒ・フロム著「自由からの逃走」の訳者としても知られる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン