/

この記事は会員限定です

スルガ銀行、落ちた「優等生」

猛烈なノルマ主義、社員が暴走 改ざんまん延か

[有料会員限定]

一時は地方銀行の「優等生」とされたスルガ銀行が大きくつまずいた。審査書類の改ざんを社員が知りながら融資した不正行為は、全社でまん延していた疑いも浮上。個人金融に特化した拡大路線は、猛烈なノルマ主義をうんで社員を暴走させた。群を抜いた業績への影響は底なしの様相だ。その苦境は地銀が新たな成長戦略を描くことの難しさも浮き彫りにした。

スルガ銀行は6日、5月15日に発表した2018年3月期決算を再び下方修正したと発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン