/

この記事は会員限定です

圏央道、割安用地が企業誘致の原動力に

広がる3環状道(下)

[有料会員限定]

「受け付けを終了します」

茨城県や同県が地盤の常陽銀行などは1月末、県内を通る首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジ周辺や、沿道にある工業団地を見学できる視察会を開いた。同行には希望者が相次ぎ、締め切り前に募集を終了。物流やメーカーなど約50社の約70人がバスで7カ所を視察した。県は「『次回も視察したい』との声が9割に上った」(地域計画課)と手応えを感じる。

3環状の最も外側を通る圏央...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン