/

セブン燃料電池トラック、19年首都圏で トヨタ公開

セブン―イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は6日、セブンの店舗に商品を運ぶ配送車両としてトヨタが開発した燃料電池(FC)トラックを公開した。2019年春に首都圏で2台導入する。このほか19年秋からセブンの店舗に燃料電池の発電機などを設ける。水素の活用を進め、コンビニエンスストアでの二酸化炭素(CO2)排出量削減に共同で取り組む。

両社は17年8月、物流と店舗の省エネやCO2排出削減に向けて協力していくことで基本合意した。

まず19年春、セブンは配送車両としてトヨタのFC小型トラックを導入する。走行時のCO2排出量がゼロの冷蔵温度帯3トントラックで、燃料電池で発電した電力は商品の冷蔵でも活用する。19年秋にはセブンの店舗にトヨタのハイブリッド車の中古蓄電池やFC発電機を設置し、コンビニの電力源としても活用する。

配送トラック導入の拡大計画やFC発電機を設ける店舗数については、いずれも未定。今後両社で検討する。

6日開いた記者会見でトヨタの友山茂樹副社長は「FCの技術とセブンの店舗の運営の技術を組み合わせれば水素社会の実現に一歩近づく」と話した。店舗と配送センターを高い頻度で行き来するセブンイレブンの物流網にFCトラックを導入することで水素を活用する量を増やし、将来は水素ステーションなどインフラ整備の拡大にもつなげたい考えだ。

セブン側は店舗の省力化に弾みをつける。環境などに配慮した企業を選別するESG投資が広がるなか、24時間営業のコンビニでは環境負荷を減らす仕組み作りが欠かせない。グループ全体で30年度までに店舗で使用する電力のうち、再生可能エネルギーの占める比率を現在の数%から2割に引き上げ、30年度までにCO2排出量(物流を含まない店舗運営)を13年度比で27%減らす計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン