/

この記事は会員限定です

運転手の異常、IoTで検知 福岡のエフェクト、事故防止

[有料会員限定]

ソフトウエア開発などのエフェクト(福岡市)はあらゆるものがネットにつながる「IoT」技術を活用し、運転手の体調不良を早期に検知して事故予防につなげるシステムを開発した。運転席近くに体温や心拍数などを計測するセンサー機器を設置し、異常を管理者に知らせる。低容量の3G通信でやり取りするため、通信料は毎月100円程度に抑えられるのが特徴だ。

開発したシステムは来年6月までに事業者向けに販売を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン