2019年7月22日(月)

運転手の異常、IoTで検知 福岡のエフェクト、事故防止

2018/6/6 15:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトウエア開発などのエフェクト(福岡市)はあらゆるものがネットにつながる「IoT」技術を活用し、運転手の体調不良を早期に検知して事故予防につなげるシステムを開発した。運転席近くに体温や心拍数などを計測するセンサー機器を設置し、異常を管理者に知らせる。低容量の3G通信でやり取りするため、通信料は毎月100円程度に抑えられるのが特徴だ。

開発したシステムは来年6月までに事業者向けに販売を目指す。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。