2019年6月26日(水)

東海地方で梅雨入り、平年より2日早く

2018/6/6 12:08
保存
共有
印刷
その他

気象庁は6日、関東甲信、東海、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表した。関東甲信地方は昨年より1日早く、平年より2日早い。東海地方は昨年より15日早く、平年より2日早い。近畿地方は昨年より14日早く、平年より1日早い。

梅雨空の下、花を咲かせるアジサイ(6日午前、名古屋市千種区)

気象庁によると、太平洋高気圧が平年より強く、日本の南に延びる前線が押し上げられた結果、全国的に平年より早い梅雨入りになったという。

名古屋地方気象台によると、東海地方は前線や湿った空気の影響で、向こう1週間は曇りや雨の日が多い予報。東海の梅雨明けは平年で7月21日ごろになっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報