スペイン語やめろ!米で差別意識広がる、トランプ氏助長か (グローバルViews)
メキシコシティ支局 丸山修一

2018/6/8 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヒスパニック系住民を中心に世界2位のスペイン語人口を持つ米国で、スペイン語を使うことに対する差別意識が広がりつつある。レストランやスーパーで「スペイン語を使うな」と怒鳴られたり嫌がらせを受けたりするケースが相次いでいる。トランプ大統領が公然とメキシコ人をはじめとした中南米出身者を侮辱し続けていることで、米国に根強く残る差別意識が再び高まりつつあるようだ。

5月中旬、比較的リベラルな地域といわれる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]