2019年2月20日(水)

日大アメフト問題に見る文武両道の課題 丹羽宇一郎 伊藤忠元会長

経営者ブログ
コラム(ビジネス)
2018/6/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツ界の悪しき習慣に言及した前回の執筆後に、日本大学アメリカンフットボール部選手の悪質なタックル問題が大きく注目されるようになりました。日大の問題が特別という訳ではなく、日本のスポーツ教育・スポーツ科学の課題が露呈したともとれると思います。改めてスポーツのあり方について述べたいと思います。

今回のタックル問題も含めすべてのきわどいプレーは、権限のある監督やコーチが、「悪」としてマスメディアに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

スポーツ界の悪しき習慣[有料会員限定]

2018/5/16 6:30
丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

原電支援は誰のお金か[有料会員限定]

2018/4/18 6:30
丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

忘れてはいけない2つの問題[有料会員限定]

2018/3/22 6:30

ジキルとハイド[有料会員限定]

2018/2/21 6:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報