/

溶剤タンクで3人死亡 石川・白山の製紙工場

(更新)

6日午前3時45分ごろ、石川県白山市相川新町の「中川製紙」の工場で、「溶剤タンクに人が落ちた」と従業員から119番があった。駆け付けた消防がタンク内で倒れている男性3人を見つけ、その場で死亡を確認した。

県警白山署は、3人が発生したガスを吸ったり、酸欠になったりした可能性があるとみて詳しい原因を調べている。タンク内では硫化水素が発生していたが、致死量ではなかったという。

同署によると、3人はいずれも同社の従業員で金沢市三口新町4、丸谷圭一さん(57)と白山市新田町、飯田弘さん(49)、同市番田町、中村健司さん(27)。

タンクは深さ約5メートルのコンクリート製で、上部に設置された約50センチ四方の開口部からはしごで上り下りするようになっていた。再生紙を作るため、古紙と水、希硫酸を混ぜて溶かし濃度の調整をしていた。

タンクに異物が混入、丸谷さんが取り除きに行き、はしごを登っているときに倒れた。丸谷さんを救助しようと、飯田さんと中村さんが次々に入って巻き込まれたとみられる。

中川製紙によると、工場は24時間稼働しており、3交代制のシフトを組んでいる。死亡した3人は、6日午前0時から午前8時まで勤務する予定だった。

現場はJR松任駅から北西約3キロの海沿いの工場。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン