/

メキシコ、対米報復関税リストを発表 バーボンも対象に

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ政府は5日、鉄鋼とアルミニウムを対象とする米国の輸入制限に対する報復措置として、追加関税を課す米国産品のリストを公表した。鉄鋼製品だけでなく豚肉やフルーツ、バーボンなど幅広い農畜産品なども含まれる。

メキシコは鉄鋼だけでなく農畜産品にも報復関税を適用する=ロイター

具体的に適用する税率は各種鉄鋼製品が最大25%、農畜産品に関しては豚肉、ジャガイモ、リンゴは20%、バーボンやチーズは20~25%となる。一方で豚肉は国内需要を満たすために、12月末までの期限つきで米国産以外で35万トンの関税なしの輸入枠を設ける方針。経済省は主に欧州からの代替の輸入を想定しているようだ。

メキシコは米国の鉄鋼・アルミに対する輸入制限は国際的な貿易ルールに違反しているとして世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを始めると発表している。同じくWTO提訴に動いたカナダや欧州連合(EU)とも連携して米国に輸入制限の中止を求める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン