2019年4月20日(土)

5月の米ISM非製造業景況感指数、1.8ポイント上昇 4カ月ぶり上昇

2018/6/6 1:45
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が5日発表した5月の非製造業景況感指数は58.6となり、前月より1.8ポイント上昇した。4カ月ぶりの上昇で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(57.6程度)を上回った。

指数は50が非製造業の好不況の分岐点となる。指数を構成する4つの個別項目すべてが上昇した。特に「事業活動・生産」が61.3で2.2ポイント上昇したほか、「入荷遅延」も58.5で4.0ポイント上昇した。

アマースト・ピアポント証券のエコノミストは、「入荷遅延」に加え「受注残高」も大きく上昇している点を指摘。好況で供給品を予定通りに入手できず、受注残高が積み上がっていることを示唆しており、「供給網はストレスにさらされており、この傾向が続けば、広範な価格上昇がやがて来る」との見方を示した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報