/

中国、米からの輸入7.7兆円増提案 制裁撤回が条件

【ワシントン=鳳山太成】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は5日、米中両政府が2~3日開いた貿易協議で、中国側が米国の農産品やエネルギーを年700億ドル(約7兆7千億円)購入すると提案したと報じた。米国が知的財産権侵害を理由に制裁関税を課さないことを条件としている。トランプ米大統領が中国の提案を吟味して今後の対応を検討するとしている。

米中の貿易協議が続いている=共同

中国は3回目の貿易協議後の声明で「米国が追加関税を含む貿易制裁を出せば、合意は効力を失う」と指摘した。米政権は年約3800億ドルの対中貿易赤字のうち2千億ドルを減らすよう中国に求めている。中国側は数値目標の設定には否定的だが、米国の大豆や天然ガス、原油などの輸入を増やす姿勢をみせてきた。

米中は5月中旬に2回目の貿易協議を開き、両政府の高官が互いに関税発動を一時棚上げすると表明した。しかし米政権は同月29日、500億ドルに相当する中国からの輸入品に制裁関税を課す方針を改めて表明。6月15日までに最終案を出した後速やかに発動するとしており、中国側が反発している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン