2018年10月16日(火)

気管切開の安全確保、医療安全調査機構が提言

2018/6/5 22:19
保存
共有
印刷
その他

のどに穴を開けて気道を確保する「気管切開」による死亡事故を防ぐため日本医療安全調査機構は5日、チューブの位置の確認などの安全対策を盛り込んだ提言をまとめた。気管に挿入したチューブの位置がずれて患者が窒息する事故などが起きており、医療機関に注意を呼びかける。

気管切開は病気などで呼吸が難しい患者ののどにチューブを入れ、人工的に気道を確保する医療行為。提言では、正しい姿勢でのチューブ挿管や異常時の救急対応などの事故予防策を示した。

同機構によると、医療事故調査制度の運用が始まった2015年10月から18年2月末までに気管切開に関連する死亡事故が6件発生した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報