息吹き返す郊外マンション 都心高騰で割安感
真相深層

2018/6/5 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

販売が低迷していた首都圏郊外の新築マンション販売が息を吹き返し始めた。発売戸数は前年同期比で2桁の伸びで、2018年は通年で勢いが続く見通しだ。都心の物件は価格が高騰し、一般の会社員には手が届きづらくなっている。マンションラッシュで学校が足りなくなるなどの弊害も目立つ中、割安感のある郊外物件に光が当たり始めた。

「これだけ値上がりしていると資産価値の下落も大きくなりそう」。JR山手線の内側で新築…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]