/

エネ庁長官「丁寧なプロセス必要」 関電、中間貯蔵施設に保管報道

資源エネルギー庁の日下部聡長官は5日、青森県むつ市の宮下宗一郎市長と同庁内で会談した。関西電力が同社の原子力発電所から出た使用済み核燃料について、同市の中間貯蔵施設での一時保管を検討していると一部で報じられたのを受け、国側の見解を求めた。日下部氏は「地元の理解や支援がないと前に進まない。丁寧なプロセスで進めるべきだ」と述べた。

宮下市長は「地域に断りなく、事業者の意向のみで進めるべきものではない」とも指摘した。同氏は近く関西電力などからも真意を確認する方針だ。日下部氏は核燃料サイクル政策に関し「国としても地元に出向いて政策の方向性を説明するなど、責任を持ってやっていきたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン