米・トルコ、関係改善へ見えぬ道筋 ロシア接近が火種

2018/6/5 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】米国とトルコが関係改善を探っている。シリア北部の治安協力を推進し、対立の火種だったクルド人勢力の扱いをめぐり歩み寄りの機運が出てきた。ただトルコは、加盟する北大西洋条約機構(NATO)が安全保障上の脅威とみるロシアと軍事協力を進めている。米国は対抗策としてトルコへの武器売却を認めない方針で、関係改善には流動的な要素もなお多い。

ポンペオ米国務長官は4日、米国務省でトルコのチ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]