2018年8月14日(火)

スバル吉永社長、代表権を返上 CEOも辞任
新たな燃費不正判明

品質不正
自動車・機械
2018/6/5 17:19
保存
共有
印刷
その他

 SUBARU(スバル)は5日、吉永泰之社長兼最高経営責任者(CEO)が6月22日の株主総会後にCEOを辞任すると発表した。代表権も返上し取締役会長となる。これまでは代表権のある会長兼CEOに就く予定だった。5日には完成車の燃費・排ガス測定で新たな不正が見つかったと明らかにした。

 中村知美専務執行役員が社長に昇格し、CEOも兼務する。昨年発覚した無資格者による完成検査不正など一連の問題を受けて経営体制を刷新する狙い。これまでSUBARUは吉永社長が会長兼CEOに就き、不正が相次いだ社内の体制の再構築に取り組む姿勢を示してきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報