2018年11月15日(木)

ガザでイスラエルとパレスチナの衝突懸念 ハマスがデモ呼びかけ

2018/6/5 17:12
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=飛田雅則】パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは大規模な反イスラエルデモの5日実施を市民に呼びかけた。5日は1967年にイスラエルがヨルダン川西岸やガザなどを占領した第3次中東戦争が勃発した日にあたる。パレスチナ市民やアラブ諸国にとっては屈辱的な日で、自治区の市民らとイスラエル軍が衝突する懸念がある。

イスラエル軍によると4日、境界を乗り越えようとした武装パレスチナ人を射殺した。3日未明には、イスラエル軍がパレスチナの医療関係者を射殺したことに対し、ロケット弾がイスラエル側に発射された。

イスラエルでは5月14日、米大使館がエルサレムに移転する式典が開かれた。ガザではその前の3月末から、これに反対するデモが続いた。この件では、イスラエル軍との衝突で、少なくとも120人のパレスチナ人が死亡した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報