民泊激戦区大阪、ホテル市況に下げ圧力

2018/6/5 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来阪した訪日客数は2017年、年間1111万人とインバウンド(訪日外国人)ブームに火が付いた15年から55%増えた。この間に大阪市のホテル客室は約6万室と2割増にとどまった。だが、大阪府のホテル料金は17年平均で1万2701円(ホテルズドットコム調べ)と15年から1割下がった。

訪日外国人の増加ほどホテルの部屋は増加していないのに、料金は下がる――。この背景にあるのが民泊だ。

「大手が運営するホ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]