2018年7月20日(金)

社会的投資のアルンシード、印スタートアップを支援

スタートアップ
2018/6/5 15:34
保存
共有
印刷
その他

 NPO法人アルンシード(東京・中央区、功能聡子代表)は貧困や環境問題など社会課題の解決に特化したアジアのスタートアップの投資コンテストを行い、インドの家政婦紹介スタートアップなど3社を選んだ。アルンは資金援助のほか受賞企業と日本企業の事業提携などを後押しする。

NPO法人アルンシードが実施したスタートアップコンテストにはアジア各国から社会的課題を解決する企業が応募した(東京・中央)

 インドの家政婦紹介スタートアップ、ブックマイバイはネット上で家政婦の登録と雇用ができるサービスで、すでに1万1千人の紹介実績がある。ブックマイバイが仲介者となることで労働環境の改善やトラブルの減少につながり、雇用側も効率的に家政婦が確保できるという。

 アルンはブックマイバイに対し5万ドル(約550万円)を上限とした資金援助を行う。資金調達の一部でクラウドファンディングを活用した。

 ほかにもミャンマーでIT(情報技術)を活用した農業の生産性向上を図るグリーノベーターや拡張現実(AR)を活用した障害児教育を手掛けるパキスタンのワンダーツリーが入選した。アルンが製品やサービスの開発に関しコンサルティングなどを行い支援する。

 コンテストはインド、ミャンマー、パキスタンなどのアジア各国から128社が応募、6社がスカイプを通じて都内で5月末に開かれた最終選考に臨んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報