/

小坂哲瑯氏が死去 日比谷松本楼会長

小坂 哲瑯氏(こさか・てつろう、本名=明=あきら、日比谷松本楼会長)5月23日、悪性リンパ腫のため死去、86歳。連絡先はお別れの会事務局のメモリアルアートの大野屋。お別れの会は6月21日午後4時30分から東京都千代田区日比谷公園1の2の日比谷松本楼。喪主は次女で同社社長の文乃さん。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン