/

この記事は会員限定です

シャープ、2千億円規模増資 財務正常化へ(日経特報)

優先株処理、8Kなど持続成長に軸足

[有料会員限定]

シャープは5日、2000億円規模の公募増資を7月にも実施する方針を固めた。調達した資金は金融機関が保有する2000億円の優先株の買い取りに充てる。液晶事業の不振で経営危機に陥り、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ってから2年弱。「負の遺産」の処理にメドを付け、財務が正常化する。今後は超高精細の8K技術などをけん引役にした持続成長へ軸足を移す。

同日午前のシャープ株は3000円台で推移しており、時価総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン