/

隣国マレーシアで続く裁判 金正男氏殺害事件

米朝首脳会談ライブ

米朝首脳会談が開かれるシンガポールの隣国、マレーシアでは2017年2月、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された。実行犯として起訴されたベトナム人のドアン・ティ・フォン被告とインドネシア人のシティ・アイシャ被告の裁判が続いている。

事件現場となったクアラルンプール国際空港は、シンガポールから直線距離で300キロ弱。日本でいえば東京と名古屋ぐらいの距離だ。

17年10月に始まった公判は、検察側が30人余りの証人を呼び、18年4月までに合計で約40日間かけて実施された。現地報道によると、6月下旬に検察側、被告側の双方が口頭で意見を述べる場が開かれる。判決はそれ以降になる見込みだ。2人の被告は初公判の際に無罪を主張した。

正男氏殺害で主導的な役割を担ったと疑われている北朝鮮籍の4人は事件後に国外に逃亡したままだ。北朝鮮による国家的な関与はあったのか。裁判で当日の犯行の様子が徐々に明らかになる一方で、事件の全容解明にはほど遠い状況だ。

(シンガポール=岩本健太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン