2018年6月24日(日)

トランプ氏「自身に恩赦可能」、ロシア疑惑で見解

トランプ政権
北米
2018/6/5 6:22
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は4日、「自分自身を恩赦する絶対的な権利がある」との見解を示した。トランプ氏は周辺とロシアの不透明な関係についての捜査を妨害した疑惑が出ている。トランプ氏は「何も間違ったことをしていないので恩赦は必要ない」とも説明した。

トランプ氏=ロイター

 自身のツイッターで見解を明らかにした。米メディアによると、法曹界などでは大統領は自身を恩赦できないとの見方が多く、トランプ氏の発言は物議を醸している。

 トランプ氏はロシア疑惑に関するモラー特別検察官の任命に関しても「完全に違憲だ」と主張した。特別検察官は米司法省が政治スキャンダルをめぐる捜査のために任命する。トランプ氏は違憲と主張する根拠は示していない。モラー氏の捜査を「決して終わらない魔女狩り」と指摘し、不満をもらした。

 トランプ氏は2017年5月に当時のコミー米連邦捜査局(FBI)長官を突然解任した。コミー氏のロシア疑惑捜査をめぐって意見が対立したことが理由との見方があり、モラー氏が捜査を進めている。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報