老舗再生 外資と挑む 伊社傘下入り 福井めがね 新設備導入や人員増

2018/6/5 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

老舗眼鏡メーカー、福井めがね工業(福井県鯖江市)が世界最大手の傘下で、事業拡大に向け動き始めた。売上高1兆円を超すイタリア・ルクソティカの資本力、技術力を活用し、最新の生産設備の導入や人員の拡大を進める。地方の中堅製造業が海外の大手企業の下で再生・飛躍できるのか、全国的にも注目されている。

5月中旬までにルクソティカとの出資(67%)に関わる契約をすべて終え、3人の取締役を受け入れた。全取締役(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]