外来時の定額負担を検討 政府、骨太素案を5日提示

2018/6/4 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案をまとめた。高齢化で増える医療費を賄うため、医療機関の外来受診に定額負担の導入を検討すると明記した。世代間の公平性に配慮し、自己負担が3割になっている高齢者の対象拡大も盛りこむ。

政府は5日の経済財政諮問会議で素案を示す。外来受診時の定額負担は原案時点で入っていなかった。現在、外来の窓口負担は現役世代が3割だ。政府は、かかりつけ医以外を受診した場合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]