/

軍幹部を総入れ替えか 北朝鮮

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮指導部が最近、朝鮮人民軍の最高幹部3人を一斉交代させた可能性が取り沙汰されている。

韓国の聯合ニュースなどが4日までに情報当局関係者の話として伝えた。非核化を議論する米朝首脳会談を前に軍部の反発の芽を摘むため、強硬派の抑え込みを狙ったとの見方がある。

北朝鮮メディアは5月下旬、軍トップである朝鮮人民軍総政治局長が金正角(キム・ジョンガク)氏から平壌市党委員長を務めていた金秀吉(キム・スギル)氏に交代したことを公表した。

これに加え、人民武力相に穏健派の努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力省第1次官が、軍総参謀長には李永吉(リ・ヨンギル)軍第1副総参謀長がそれぞれ就任したとされる。韓国統一省の報道官は4日の記者会見で、公式確認はしていないとする一方で「全員が一度に交代したとすれば、異例な状況だ」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン