/

この記事は会員限定です

カスミやゼンショー 企業内保育で人材つなぎとめ

[有料会員限定]

人手確保が厳しい小売り、外食の大手企業が進めていた従業員用の保育所設置が広がっている。食品スーパーのカスミは2019年春、茨城県つくば市の本社敷地内に設ける。原則0~2歳を受け入れ、土日も運営する。つくば市には同社の店舗が13店あり、本社や近隣店舗の社員、パートタイマーが使える。

ゼンショーホールディングスは5月、水戸市にパート・社員用の保育所を開いた。保育料は月8千~1万2千円程度と安くした。一時預かりもできる。従業員向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン