/

SBI、仮想通貨交換の営業開始 安全対策「万全に」

SBIホールディングスは4日、仮想通貨の交換事業に参入したと発表した。傘下のSBIバーチャル・カレンシーズ(東京・港)で、先行して口座開設を申し込んでいた2万人あまりの顧客を対象に仮想通貨取引の提供を始めた。仮想通貨の取引時に上乗せする手数料の1つであるスプレッドを、取引動向をみながら業界最低水準にする方針だ。

一般からの口座開設の申し込みは7月から受け付ける予定だ。仮想通貨は当初はリップルのみを取り扱う。その後、ビットコインやビットコインキャッシュに広げる。資金洗浄対策の一環として入出金は日本円のみとし、仮想通貨での引き出しはできない。

米大手取引所ナスダック市場の取引システムを採用した。セキュリティーはセコムのグループ会社と提携し、仮想通貨を保管する「ウォレット」について「万全の体制で運営する」としている。SBIバーチャル・カレンシーズは昨年9月に金融庁から仮想通貨交換業者の登録を受け、サービス開始の時期を探ってきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン