/

この記事は会員限定です

紙オムツは園でポイッ 保育園、保護者負担を軽く

シーツやカバー類、手作りの廃止も

[有料会員限定]

保育園に子供を通わせる保護者の負担を減らそうという動きが出始めてきた。これまでは保護者が、子供が使った紙オムツを毎日持ち帰ったり、入園時に手作りのシーツなどを用意したりする例が多かった。保護者の時間を、作業ではなく、子供と一緒に過ごすために使えるほうがよいと歓迎する声も上がっている。

「オムツの回収に来ました」――。5月下旬の早朝、東京都文京区の千石保育園。ごみ収集業の男性が、紙オムツでいっぱいの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン