/

この記事は会員限定です

天安門事件から29年、民主主義の混乱が呼ぶ共産党への支持

[有料会員限定]

【北京=高橋哲史、香港=木原雄士】中国で民主化を求める学生らを軍が鎮圧した1989年の天安門事件から4日で29年となった。政府による情報統制の強化で、いまや中国の若者の多くは事件の存在すら知らない。米欧の民主主義国が混迷するなか、共産党の強権的な統治を支持する声も増えており、事件の風化は抑えようがなくなっている。

快晴となった4日の天安門広場は、多くの観光客でごった返していた。ふだんより多数の警...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン