2018年9月19日(水)

小泉世代が構想する「ポスト平成デモクラシー」
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
(1/3ページ)
2018/6/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国会を日程闘争から「解放」したい。首相の安倍晋三の1強体制の下、政策決定で与党の役割は何か。「政と官」の適切な距離感は――。国会や内閣から政党、官僚制にも及ぶ統治構造改革の論議が与野党を超えて広がり始めた。そんな「ポスト平成デモクラシー」構想のけん引役は自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎、衆院初当選同期で国民民主党共同代表の玉木雄一郎ら新世代だ。並走して議論を進める民間シンクタンクも出てきた。

■自民

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報