2019年6月20日(木)

佐川氏が文書改ざん主導、国会紛糾回避 財務省報告書

2018/6/4 12:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省が4日午後に公表する学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の改ざん問題の調査報告書が判明した。文書の改ざんや破棄は当時、理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官が「方向性を決定づけた」とし、主導的役割を果たしたと総括した。交渉記録は残っていないと説明した佐川氏の国会答弁を踏まえ「国会審議が紛糾するのではないかと懸念し、それを回避する目的で改ざんを進めた」と結論づけた。

「森友学園案件…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報