/

この記事は会員限定です

最先端の研究以外でも産学連携 中尾彰宏氏

東京大学教授(情報科学)

[有料会員限定]

あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)の分野で、企業と大学が共同で研究開発を進める産学連携への期待がより高まっている。本来の目的である最先端の研究にとどまらない、企業の大学活用法を2つ紹介したい。1つ目は、学生にデータ分析の実験に被験者として参加してもらうことであり、もう1つは企業が大学を国際展開の足がかりにすることだ。

企業は新しいサービスや製品を生み出す際、様々な実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン