/

この記事は会員限定です

IoT特許紛争、完成車メーカーがライセンス料負担も

[有料会員限定]

特許庁は自動運転車をつくるメーカーと次世代通信規格「5G」技術などを持つ通信会社の間で特許紛争が増えることを見越し、両者の間での交渉手引をまとめた。重要な特許のライセンス料の支払いについては、完成車など最終製品メーカーが通信会社に支払うことがあり得るとする。新規参入する部品メーカーの負担を減らす狙いだ。

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」が普及し、自動運転などの開発が加速している。これに伴い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン