2018年10月19日(金)

雲仙・普賢岳の犠牲者悼む 大火砕流から27年

2018/6/3 15:47 (2018/6/3 18:42更新)
保存
共有
印刷
その他

長崎県の雲仙・普賢岳で43人が亡くなった1991年の大火砕流から27年となり、被災した麓の同県島原市では3日、発生時刻の午後4時8分、サイレンを合図に遺族や市民らが黙とうして犠牲者を悼んだ。市内3カ所に設けられた献花台には多くの人が訪れ、鎮魂の祈りをささげた。

雲仙・普賢岳(奥)の大火砕流から27年を迎え、犠牲者を慰霊し灯がともされたキャンドル(3日、長崎県島原市)=共同

雲仙・普賢岳(奥)の大火砕流から27年を迎え、犠牲者を慰霊し灯がともされたキャンドル(3日、長崎県島原市)=共同

当時、消防団の詰め所になっていた同市北上木場町の農業研修所跡地では、遺族が打つ追悼の鐘が響く中、サイレンに合わせて黙とう。団員の夫(当時26)を亡くした佐原次子さん(53)は「前年の5月に結婚したばかりだった。旦那はいつまでも旦那のままで、区切りが来ることはない」と小さな声で話した。

報道陣の撮影ポイントだった「定点」と呼ばれる場所でも、訪れた人が線香を上げ、静かに手を合わせた。

市関係者や地元の中学生ら約100人は午前、同市仁田町の追悼碑前で犠牲者を悼んだ。市内の中学に通う鐘ケ江葵さん(15)は「親戚の消防団員が亡くなったと両親に聞いた。噴火の記憶を忘れず、教わったことを語り継ぎたい」と語った。

追悼碑に献花する長崎県島原市の中学生ら(3日午前8時40分、島原市の仁田団地)=共同

追悼碑に献花する長崎県島原市の中学生ら(3日午前8時40分、島原市の仁田団地)=共同

古川隆三郎市長は記者団に「溶岩ドームは今も不安定だ。国に監視の継続をお願いし、市民と一体になって防災に取り組みたい」と強調した。

同日夜には、同市平成町の雲仙岳災害記念館前に並べられた約千本のキャンドルに、島原半島の学校に通う小中学生らが次々と灯をともした。幻想的な雰囲気に包まれる中、集まった人々が犠牲者を追悼した。

91年6月に起きた大火砕流は、避難勧告が出た区域にとどまり取材していた報道陣と、同行する形となったタクシー運転手や消防団員らの命を奪った。天皇、皇后両陛下は発生から1カ月が過ぎた同7月、現地を訪れ遺族らを励まされた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報