日本企業「設備年齢」若返り 18年度、投資16%増
本社調査

2018/6/3 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業が設備投資を積み増す。日本経済新聞社がまとめた設備投資動向調査で、2018年度の全産業の計画額は前年度実績と比べ16.7%増と2年連続のプラスとなった。素材や電機などで大型投資が目立つ。上場企業の18年3月期決算は2期連続で過去最高益を更新した。豊富な手元資金を使って古びた設備の更新投資を増やし、生産性を底上げする動きが強まっている。

対象となった1091社の投資計画額は27兆9198億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]