相撲の伝統見直し議論を 「女人禁制」考える集会、兵庫

2018/6/2 19:20
保存
共有
印刷
その他

大相撲の土俵に女性が上がることを禁じる「女人禁制」について考える市民集会が2日、兵庫県宝塚市で開かれた。女性参加者から「伝統という理由だけで考えるべきではない」との声が上がり、議論が活発になるよう期待が寄せられた。

講演した講談師、旭堂南陵さんは、時代とともに変遷する相撲のしきたりを例に挙げ、日本相撲協会の対応を疑問視。ジェンダー論が専門の牟田和恵大阪大教授は世界的なセクハラ告発運動「#MeTo…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]