/

岐阜市職員、パチンコ店で財布盗んだ容疑 県警が任意聴取

岐阜市は2日までに、市内のパチンコ店で同市福祉部の20代の男性職員が財布を盗んだとして、窃盗容疑で県警岐阜中署から任意の事情聴取を受けたと発表した。

市によると、職員は5月31日夜、パチンコ台に置いてあった20代男性の財布を盗んだ疑いが持たれている。その後職員は財布の中から数万円を抜き取り、店外の用水路に捨てパチンコを続けていたという。

財布がなくなっているのに気付いた被害者が警察に通報した。岐阜中署が被害者らから話を聴くなど捜査を進めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン