2018年8月19日(日)

育休、分割取得しやすく 少子化対策で法改正へ
政府、男性や短期間の活用促す

働き方改革
経済
政治
2018/6/2 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 政府は原則1回しか取ることができない育児休業を、分割して取得できる検討に入った。男性の育児休業の取得率が5%程度と低いため、使い勝手を良くして取得率の向上を目指す。出産・育児にかかる女性の負担を軽減し、安倍政権が重視する少子化対策を加速させる。2019年度にも関連法を改正する。

 松山政司少子化相の私的諮問機関「少子化克服戦略会議」が4日にまとめる提言に盛り込む。提言を受け、厚生労働省で育児休業の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報