/

和歌山で仏像盗100体 3年半で、市の文化財も

和歌山県の寺や神社から仏像などが盗まれる被害が相次ぎ、約3年半の集計で約100体に上ることが、2日までに県警への取材で分かった。中には県内の市の文化財に指定されている仏像もあるという。

県警によると、盗まれた仏像や木像は2015年から少なくとも98体で、被害の多くは無人の寺や神社。昨年1~2月、同県岩出市の神社に侵入し、木製の弁財天像1体(時価10万円相当)を盗んだとして、今年4月に同市の無職男が窃盗などの容疑で逮捕された。

県警は売却を目的に複数の人物が関与しているとみて調べている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン