独運輸相、ダイムラーに4800億円の罰金警告 排ガス不正で

2018/6/2 0:57
保存
共有
印刷
その他

【バロッコ(イタリア北部)=深尾幸生】独有力誌「シュピーゲル(電子版)」は1日、独ダイムラーがアンドレアス・ショイアー運輸相から37億5千万ユーロ(約4800億円)の罰金を警告されていたと報じた。ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長は28日に排ガス不正に関連してショイアー運輸相と会談していた。

シュピーゲルによると不正は75万台の「メルセデス・ベンツ」が対象で1台あたり5千ユーロの罰金が科される可能性がある。現地メディアは運輸省の広報担当者のコメントとして「ディーゼル車の排ガスに関する複雑な問題を解決することでダイムラーと合意した」と伝えた。

5月に独連邦自動車局がダイムラーのバン「ヴィトー」のディーゼル車が不正なソフトを搭載しているとして、リコールを命じていた。ダイムラーはこれを不服とし、法廷闘争も辞さないとしていた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]