2019年2月21日(木)

国産材ブランド根付け 輸出に力、「脱丸太」で収益

(1/2ページ)
2018/6/4 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の木材を高級品として国内外で売り込もうと、各産地がブランド化を推進している。高度成長期に植林した木が伐採期を迎え、中国などに輸出も増やすが、多くは割安な丸太だ。資源を守りつつ、付加価値の高い住宅の構造材や家具などの需要をつかもうと、各地で製品開発や人材育成を急ぐ。

「樹齢が260年から270年というのはすごい」。インドネシア科学院のバンバン・スビヤント長官は5月、奈良県特産の吉野杉の巨木に目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報