/

この記事は会員限定です

出生率6年ぶり低下、都内昨年1.21 出生数も3%減

[有料会員限定]

1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率が東京都内で6年ぶりに低下した。厚生労働省が1日発表した2017年の人口動態統計によると、1.21と前年より0.03ポイント下がり、全国平均(1.43)を大幅に下回った。晩婚化が進んだことなどが影響したとみられる。子どもを産み育てやすい環境整備に向け、より一層の支援が求められている。

都内の合計特殊出生率は01~06年に1.00~1.02の間を行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン