不合理な非正規格差、損害賠償で救済 最高裁が初判断

2018/6/1 16:02
保存
共有
印刷
その他

物流大手「ハマキョウレックス」(浜松市)の契約社員の運転手が正社員に支給されている6種類の手当の支払いなどを会社に求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は1日、労働契約法が禁じる不合理な待遇格差があっても非正規社員の待遇は正社員と同一にはならず、損害賠償によって救済すべきだ、とする初判断を示した。

そのうえで、二審・大阪高裁判決のうち4種類の手当相当額の支払いを命じた部分を支持…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]