2018年8月14日(火)

日大アメフト部の内田元監督、常務理事も辞任

2018/6/1 14:40
保存
共有
印刷
その他

 日本大は1日、アメリカンフットボール部の悪質反則問題で監督を退いた内田正人氏が、学校法人の常務理事を辞任したと発表した。同日開いた理事会で、内田氏の5月30日付での辞任を承認、決定した。事実解明のための第三者委員会も同月31日付で立ち上げた。

記者会見で謝罪する日本大アメリカンフットボール部の内田前監督(右)と井上コーチ(5月23日夜、東京都千代田区)

 日大の大塚吉兵衛学長らは1日、理事会後にスポーツ庁と文部科学省の担当者と面会し、内田氏の辞任などについて報告した。

 内田氏は5人の常務理事のうち、人事担当を務めてきた。日大は辞任の理由を「学内外に多大な迷惑をかけた」ためだとしている。

 第三者委は元広島高検検事長の勝丸充啓弁護士を委員長とし、計7人の弁護士で構成する。結果報告は7月下旬を予定している。

 日大は「これまでアメフト部として調査してきたが(反則行為をした)選手と監督、コーチの主張が大きく異なるため、十分な事実関係と原因の究明ができないと判断した」と第三者委設置の理由を説明。第三者委は、アメフト部に対する大学のガバナンス体制の検証や再発防止策の検討も行う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報