2019年7月24日(水)

FCA、ウェイモと自動運転で提携拡大

2018/6/1 4:18
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は31日、米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモとの提携を拡大すると発表した。ウェイモの技術を搭載した自社ブランドの自動運転車の生産に向け協議を開始。ウェイモが2018年中に始める一般向けロボットタクシーサービスに6万2千台のミニバンを供給することでも合意した。

FCAはこれまで600台のミニバン「パシフィカ」をウェイモの自動運転車のベースとして提供している

自社ブランドの自動運転車についてはウェイモから技術供与を受けるライセンス生産を含めて検討する。自社の開発費を抑え、自動運転で最も進んでいるとされるウェイモの技術を取り込んで競合する自動車大手との差を詰める。

FCAは16年にウェイモと提携。これまでにクライスラーのミニバン「パシフィカ」600台をウェイモの実験車両のベースとして提供し、開発に協力してきた。今回の合意ではこの車両の提供台数を大幅に増やす。

ウェイモは3月に英ジャガー・ランドローバーとロボットタクシーの開発で提携すると発表。ジャガーの電気自動車(EV)を2万台調達するとしていた。FCAは独BMWや米インテルの自動運転連合にも参加している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。